本文へスキップ

株式会社ピーマック・ジャパンは Delta Tau Data Systems Inc. の日本法人です。

TEL. 03-3665-6421

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-6-7  人形町共同ビル6F

Power PMACHEADLINE

仕様

  1. 800MHz、1GHz のCPU動作クロック周波数
  2. 完全32/64ビット アーキテクチャ
  3. ハードワイヤード64ビット(倍精度)浮動小数点ロジック実装
    - 演算速度の高速化(Turbo PMACの浮動小数点演算の5倍以上)
    - 広いダイナミックレンジと分解能(Turbo PMACの100K倍以上)
  4. 大容量メモリをサポート
    - 1GB - 2GBのDDRAMアクティブメモリ(エラー訂正機能付き)
    - 64MBのNOR型フラッシュメモリ(ファームウェア保存用)
    - 512MBの組込みNAND型フラッシュメモリ(ユーザコード/設定用)
    - USBメモリー用NAND型フラッシュメモリインタフェース
    - SDカード用NAND型フラッシュメモリインタフェース
  5. USB2.0、Ethernet 100Mbps又は1Gbps組込みインタフェース
    - ダイレクト接続及びDMA最適化データストリーミング
    - オプションのダイレクトビデオインタフェース

オペレーティング環境

  1. 完全リアルタイムOS(RT Linux)
  2. 専用コントローラのRT Linux環境での実行
  3. 割り込みによるハードウェアリアルタイム処理
    - 位相(フェーズ)タスク: コミュテーション(転流)及び電流ループ制御
    - サーボタスク: 補間、位置/速度ループ制御
    - カリキュレーションタスク: モーション及びフォアグランドPLCプログラムの演算
    - キャプチャ/コンペアタスク :早いリスト更新のために最高優先度処理
  4. その他のタスクは汎用OS処理にて実行
    - バックグランドPLC、各種ステータス更新、コマンド処理
  5. RTOS、GPOSの共有メモリアクセスとホストとの通信
  6. フル・ファイルマネージメントシステム
    - プログラム、補正テーブル、ギャザリングデータ等をファイルとして転送もしくは保存

統合開発環境(IDE)

  1. WindowsTM PCアプリケーション XP、Vista、7対応
  2. デバッグ機能付き高機能エディタ
  3. 大規模プロジェクト及びリソースマネジメント機能
  4. GNU C/C++クロスコンパイラ統合開発環境
  5. 対話式ターミナルウィンドウ
  6. ステータス及びセットアップウィンドウを多数用意
  7. チューニング及びプロットグラフ描画機能
  8. Visual StudioTMで、ウィンドウをユーザアプリケーションに組み込み可能

MATLAB®’s Simulink® 対応

MATLAB®’s Simulink®で作成したカスタムサーボアルゴリズムをPowerPMACで実行できます。 ビデオ

多様な対応

  1. フィードバックプロトコル
    Digital A Quad B、 SSI、 EnDat 2.2、 BiSS B/C、 HiperFace、 多摩川精機、 パナソニック、
    正弦波、 レゾルバ、 インターフェロメータ:正弦波・パラレル、 LVDTs, RVDTs, MLDts,
    ポテンショメータ
  2. モータタイプ
    DC ブラシ、 DC ブラシレス回転・リニア、 AC インダクション、 ステッピング、 ボイスコイル
    ピエゾ・超音波、 油圧、 ガルバノメータ
  3. フィールドバス
    EtherCat、 MACRO、 DeviceNet、 CANopen、 Profibus、 ControlNet、 CC-Link

バナースペース

株式会社ピーマック・ジャパン

〒103-0013
東京都中央区日本橋人形町3-6-7  人形町共同ビル6F

TEL 03-3665-6421
FAX 03-3665-6888